シャッフルラジオ

ゴルファーズ検定

日本史クイズ

Loading...

島田紳助 ウィキペディア

島田紳助≒伊藤真(伊藤塾塾長)


島田紳助 最新動画

羞恥心(DVD付)
羞恥心(DVD付)
最高すぎます
落ち込んだ時にいつも聞いていてすごく勇気をくれます。
DVDもマルチアングルもあり面白映像もあってすごく楽しめます。
DVDが付いているのに1260円は安すぎます。
2ndシングルも素敵です。
これからの羞恥心にも期待してます。




恋のヘキサゴン
恋のヘキサゴン
2008年春、列島を席捲中の《羞恥心旋風》と共に、なんとその「羞恥心」と同じメインスタッフによる2007年9月発売のこのシングルも、ここにきて急上昇。あのジェロの好きな日本語のひとつ=“チンプンカンプン”のフレーズが印象的で、衣装デザインとメロディーにキャンディーズの影響が濃厚な、ちょっとレトロで新鮮なアイドル・ポップ。
ふだんの3人にはあまり統一感がないけれど、いざ衣装を着てマイクの前に立つと、ビシッと決まるところはさすが。きれいに揃ったユニゾンも、ちょっと感動的だ。
いくら好きでも「羞恥心」ばかり聴いてちゃ、ちょっとケインかなー(=“濃すぎ”、という意味。(c)狩野英孝)、というわけで、この「恋のヘキサゴン」もあわせて楽しんでいる、この頃のオレではある。
今後、ダウンロード販売などCD以外の販路をもっと積極的に開拓し、この曲の魅力を広めて行けば、羞恥心といっしょの紅白出場も夢ではないかもしれない。

なお、『クイズ!ヘキサゴンII』から生まれた楽曲には、“ハチマキ王子”こと香田晋の「おかあさん」もある。こちらもフォーク調のなかなかの佳曲なので、余裕のある方はぜひあわせてチェックしていただきたい。




恋のヘキサゴン(初回限定盤)(DVD付)
恋のヘキサゴン(初回限定盤)(DVD付)
曲が昭和の匂いがする。発売当初に買って、初回限定盤未開封持ってるけどオークションに出そうかな。木下優樹菜可愛いけど木下優樹菜らしいロックとかが良いかも




紳竜の研究
紳竜の研究
1980年代初期にメディアを席巻した「漫才ブーム」。島田紳助・松本竜介のコンビ「紳竜」はその中において異彩を放ち、漫才の常識を覆す存在だった。このDVDは「紳竜」の軌跡を克明に追究した作品。DISC1では、脳内出血で倒れた竜介のいる病院へ向かう紳助の密着映像と当時の漫才VTRを織り交ぜつつ、彼らの足跡を振り返る。またNSC(吉本総合芸能学院)での紳助の特別講義を収録。漫才論から芸能界で成功する方法、人生論まで熱く語り、紳助の真摯(しんし)な生き方が浮き彫りにされる。DISC2では、漫才ブームを駆け抜けた証となる11本の漫才VTRを収録。 進化の過程が如実に分かる。副音声解説は紳助が尊敬してやまない島田洋七が担当。2人の漫才を丸裸に解き明かす。(仲村英一郎)




じゃりン子チエ 劇場版
じゃりン子チエ 劇場版
こういう、劇場版アニメをテレビと同じクオリティで作っていた時代があったのだ。
今や劇場版アニメはCGのオンパレード。ポケモンもコナンもドラえもんも。テレビとはお金のかけ方が桁違いでしょう。
おまけに、声優はほとんどが当時の吉本芸人。決してうまくはない。唯一これは!と思ったのは、今は亡き横山やすしさんの声が聞けること、中山千夏さんの歌が聞けること。
お安いといえばこれほどお安いアニメがあるでしょうか。
にも関わらず、評価は5つ星。
味わうアニメ。特に小鉄には泣ける。




オレたちひょうきん族 THE DVD 1985
オレたちひょうきん族 THE DVD 1985
昔横澤プロデューサーがひょうきん出演者を野球のオーダーに例えて言ったことがあるのだけど、とんでもない実力者によるすさまじいまでのチームワークである。3番さんま、4番たけしを中心に、VOL.2の終盤からベスト10のみならずタケチャンマンコントでも存在感を示し始めた紳助、今の体たらくとは比べようもない鶴太郎と山田邦子、お待たせしましたさあ出てきたよアダモステの島崎など各人がほんとうに要所要所で自分の役割を果たし笑わせてくれる。
(他の打順を横澤さんがどう言っていたか考えるのも楽しい)
この後も、何人トリオなどピンではちょっと足りない芸人(でも大好き)でもこの番組では「ひょうきんマジック」によって輝いた時期があったのだ。

さんま最高。当時神戸の六甲高校では「さんまはたけしを超えたのではないか」と言われていたが、たけしに「頭が下がります」と言わしめた知っとるケ、あまりのタイミングとフレーズの的確さに爆笑せずにいられない「持ちましぇん」など、笑いの神が降りてきている。
ほんとうにこれは爆笑できますよ。





島田紳助のすべらない沖縄旅行ガイドブック
島田紳助のすべらない沖縄旅行ガイドブック
タレントの島田紳助氏による沖縄ガイドブック。といってもエッセイ集の色合いが濃い。全編カラーで同氏が現地で確認した上で推奨していることを示す写真を掲載。数時間あれば全てのページが読める量の内容。

本書は旅行ガイドと言うよりは著者自身が考えている旅行にたいする心の持ちかたを紹介した書である。同氏は80回以上沖縄を訪れたほどの沖縄好き(通)とのこと。記載されている紹介文(エッセイ)からもそれが十分に理解できる。通常のガイドブックには辛口の紹介文は皆無だが、本書では『沖縄の食べものはどれもギリギリ(美味いものがないということ)』など正直な感想が述べられている点で好感が持てる。沖縄は3泊4日がいいという意見も同感である。ただし、紹介文からは、普段TVでイメージしている毒舌の著者とは異なり、感性と情に豊かな人間性が窺える。ここ数年は毎年沖縄を訪れている小生自身がも推奨したい店や場所が掲載されていて、信憑性については問題ないと感じる。美ら海水族館などはベタなネタと思う人もいるかもしれないが、他のどの水族館と比較してもケタ違いにすごい。

難点はまず内容に比して値段が高いこと(1100円は高すぎ!)。竹富島のコンドイビーチなど非常に美しい場所をあっさりと紹介している点など、もう少し写真などで内容を厚くしてほしかった。あと、時間の過ごし方(オプショナルツアー)が同氏の趣味であるゆったりしたものばかり(写生やカヌーなど)であるため、小生のようなスキューバ愛好家にとっては物足りなさを感じる。前者については、旅行に持ち運ぶ荷物にならないように内容を厳選し、後者については多忙すぎる職業からそのような趣味を好むというように、良心的な解釈をすべきかもしれない。

離島などにも行き慣れている者にとっては目から鱗が落ちるような情報は少ない。また、沖縄経験数回の小生が感じる限りでも、もっと多くの魅力が沖縄にはある。個人的には、旅行は脚本のない冒険と割り切って、すべってもくよくよしないでいられる心のもちかたが大切かとも思うし、本著者と感性が異なれば、紹介されている旅行順をたどって楽しめないこともあるかもしれない。本書の影響で人が押し寄せることで、変わってしまうものもあるかもしれないとも思う。本書の評価としては、同氏が述べているように、あくまでもはじめて沖縄に行こうという初心者向けのガイドブックとして割り切るならば、前述の問題点を加味して星4つ程度。それ以外の方には気分転換に読むエッセイ集として職場に一冊あれば十分。




ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学 (幻冬舎新書 し 4-1)
ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学 (幻冬舎新書 し 4-1)
この本が売れているという評判は耳にしていたが、
所詮はタレントの自慢話で終わるのではないかと
正直なところあまり期待しないで読み始めた。

結論から言うと、面白くてためになった。
身の回りにもサラリーマン以外で生計をたてている人たちがいるが、
その中でも成功者といえるような人たちが異口同音に言っていることを
著者がまとめて代弁してくれている。

小手先のテクニックに頼るノウハウ本ではなく、
商いについての考え方、まさに哲学をやさしく面白く
そして実体験に基づく自らの言葉で語っている点に共感を覚えた。

素直によい本だと評価したい。




哲学 (幻冬舎文庫)
哲学 (幻冬舎文庫)
テレビでは絶対見せない真の部分が垣間見られる。
今からすれば想像すらしがたい不遇の時代を送るダウンタウン
「客がくすりとも笑わない。その悪夢が初舞台で現実になった。僕らの場合その状態が何年も続いた」そしてそれと同時に「山を一歩一歩のぼっていっていつか頂上に立ったる、みたいには思わなかった。いや、俺はもう上におるで、と。あとはみんなにそれを知らせなくてはいけない、そう思っていた。そこの感覚が他の人とは違ったかもしれない」確かに並の神経ではない。
そして紳助の鋭敏で繊細なレーダーのような時代を読む目。
「誰かにちょっと負けてるなぁてときはもうすでにかなり負けている」という紳助がダウンタウンを見たときの衝撃。「満足して辞めるなんて事はない、自分の成績に満足出来ないからやめるんだ」こういう思いを嫌というほどして一線の人間というのは感じて次の道を探す。
色々感動的な場面もあるのだが、私の涙腺に一番訴えかけてきたのは「友達とお金について」
昔気質の生き様を読むだけでもこの本を買う価値はあります。





ゆうべ 島田紳助 が夢枕にたたれてこうおっしゃったッ・・・!


大阪を中心に活動している 島田紳助。「初めてのイベントで不安だったけど、大勢の人が来てくれて幸せです」。
今後の目標として「演技のレッスンをしているので、ドラマや映画に出てみたい」と話した。

、、ってそんな話を聞いたらやっぱり思い出したのがこれっすね。

『 不本意な結婚をした男にとって、彼女は妻ではない。敵だ。 』( プラウトウス )

ってやつだね。えっ?違う??

書籍紹介~哲学 松本人志 島田紳助 ~
1.松本紳助、「笑いの哲学」を語る2.松本紳助、「人生哲学」を語る3.島田紳助と松本人志の邂逅 [ポイント] 僕がパクッていたのは、ネタではなく洋七さんの"笑いのシステム"だったのだ。 島田氏が、B&Bのネタをパクっていた事について述べた部分。 ...

島田紳助&松本人志『哲学』
島田紳助&松本人志『哲学』☆☆☆. お笑いマニア向け・・・かな 学生時代にお笑い好きの友人と評論家気取りでお笑い分析をしていたことを思い出しました。 そういえばあの頃(十数年前)一押しだった『ジャリズム』の渡辺が『世界のナベアツ』で出てきて ...

**勝手に!戯言**
島田紳助さんが司会なんですが、島田紳助さんには脱帽です。 話し?ツッコミって言うんですかね? とにかく面白くって、それでいて愛情がこもっている. 大人気のユニット♪. 「羞恥心」さんも紳助さんのプロデュースなんですよね? ...

pabo 画嬢
島田紳助さんがプロデュースした島谷ひとみさんですが、Paboや羞恥心とのコラボレ.... 島田紳助さんがプロデュースした島谷ひとみさんですが、Paboや羞恥心とのコラボレーションの可能性はあるんでしょうか?Paboと羞恥心は後に島田紳助さんが関わった ...

島田紳助がMCの番組2
そこに島田紳助の“商売のうまさ”があるが、決して紳助は“冷酷に計算を行う商売人”ではないということだ。 『他者を活かすは、是即ち己を活かす極意なり』とは、仏教か武道か何かの教えだったように思うが、紳助はその真理を見事にテレビというメディアの ...

アラジン(羞恥心+Pabo) 「陽は、また昇る」無料視聴
また島田紳助から新しいグループが発表されましたね まぁ結局羞恥心とPaboの合体だけど 最近じゃ、ヘキサゴンに限らず色々なものに出てますよね おそらく島田紳助だけじゃなく、フジテレビ側も力を入れているんでしょう そんで今回はとりあえず、動画 ...

島田紳助様!?
島田紳助さんの番組…どれもおもしろすぎですよ(^O^) ヘキサゴンとか…深イイ話とか…日本ルー列島とか…行列の出来る法律相談所とか… トークがおもしろいf^_^;笑 やっぱ…紳助さんってすごい人だね… もはや島田紳助様やし( ̄▽ ̄;)笑 とりあえず、今後も、こんな島田紳助 ...

堂本剛の正直しんどい:出演番組
羞恥心&パボに大問題メンバー交代の危機▽上地水落ちにボウ然▽爆笑早押し&緊急告知[出]クリス松村 フジワラ つるの剛士 波田陽区 アンガールズ 上地雄輔 小島よしお 野久保直樹 安田美沙子 里田まい[司]島田紳助. 「仲間を救え! ...

朝まで働けダウンタウン+島田紳助?クイズ秘宝館3of4?
朝まで働けダウンタウン+島田紳助?クイズ秘宝館3of4? 【人気の無修正動画】 【最新無修正動画】 【無修正画像集】 【エロエロ動画なら】 ■AV女優関連商品紹介. AV女優. 流出!!〜彼氏が撮ったAV女優のプライベート〜 小森美樹写真集 ...

「“おバカ”で一番ニンマリしているのが島田紳助」のナンセンス
“おバカ”フィーバーの裏で、島田紳助(52)がほくそ笑んでいる。 つるの剛士、野久保直樹、上地雄輔の“おバカキャラ”3人組ユニット「羞恥心」は、紳助が司会を務める「クイズ!ヘキサゴンII」(フジテレビ)から誕生し、爆発的な人気を誇っている。 ...

島田紳助 の最新情報

南沢奈央 島田紳助 香椎由宇